とみやんが管楽器を修理する動画【トランペット ベル凹み修正編】

こんにちは!

とみやんです!

今回の修理動画はトランペットのベルの凹みをなおす様子をご紹介したいと思います。

凹み!絶望的ですよね!

ぶつけた瞬間に絶望してさらに凹んでるところを確認して絶望。一回で二度絶望!全然お得じゃない!

でもね、安心してください。直りますよ!もちろん修理痕が残ってしまったりお手入れをしていると拭き上げの時に少し違和感があったりしますけど。演奏していて極端に音程が悪くなったり音色が悪くなったりはしないです。

よく凹みを修正しても前と比べて響きが悪くなったとか音程が合わないとか聞きますけど、それって気のせいですから!ましてや他人が聴いて「ふむ、あの音は凹みを修正した楽器の音だ!」なんて絶対にわからないです。

楽器をぶつけたりして凹ませてしまったこと(ここ重要!楽器が凹んだではなく、自分が楽器を凹ませてしまったです。)は不幸なことだと思いますし、反省もしなくてはいけないでしょう。でもちゃんと修理をすればあなたの大切な相棒は元通りの姿と音色、吹奏感などを取り戻せるのです。

もし楽器を凹ませてしまって落ち込んでいたり練習に集中できなくなったりしている人がいたら迷わず修理に持っていきましょう。ほとんどの場合はしばらくの間楽器を預け無くてはならないでしょうし、その間は練習ができなくなってしまいますが、少し我慢すれば確実に良くなって戻ってきます。

長い目で見た場合には楽器が凹んだ状態で長く練習するよりも多少吹けない期間があったとしても修理をした方が良い結果が出るはずです!

という訳でトランペットのベル凹み修正の様子を見てみてくださいね!